結婚式

演出としての似顔絵

結婚

結婚式を進めていく中で途中演習や余興が行われることがありますが、その中で似顔絵をプレゼントとして贈ることがあります。一般的には結婚式での似顔絵はプロの方に依頼することがありますが、近年は取り組みとして新郎新婦が行うことがあります。絵の技術面においてはプロの絵師に劣りますが、その分手作り感があるため人気のサービスとなっています。また手作りで作成することによって、ゲストの方にも強く印象を残すことも可能となります。これが今現在の結婚式での似顔絵サービスの取り組みとなっており、あえて自分たちで作るといった手法が人気となっています。

結婚式の演出として似顔絵を作成することがあり、プレゼント以外にも一般的にウェルカムボードとも呼ばれるものがあります。主に会場の入り口に設置されていて、これはプロの方に依頼することでより高い完成度があるものになります。しかし依頼するに至って注意をしなければいけないことがあります。それはプロの絵師にはそれぞれ画風のスタイルというものがあるため、場合によっては自分たちが考えているものと異なることがあります。例えば手書きにするとデザイン画像にするかでも、大きく仕上がり具合が異なっています。そのため似顔絵作成を依頼する前には、必ずこういった点について再確認をしましょう。またこの似顔絵ですが、費用や納期ごとに選択肢があるので、どれを重要視するのかをパートナーと相談しながら決めていくといいでしょう。